債権回収のトラブル


社会には、現金での支払い以外に売掛金や、いわゆるツケなどの支払い方法があります。これらは取引当日に支払うものではなく、後日、改めて支払いを行うというものですが、これが様々なトラブルを引き起こす原因ともなるのです。もちろん個人でのお金の貸し借りもこの中に含まれ、貸したものは必ず返してもらわなければいけません。

このような売掛金やツケのことを、法的には債権と呼びます。そしてこの債権回収は、なかなかスムーズにいかないことも多いのです。債権回収のトラブルとして多いものが、債務者、つまり債権を回収する相手に支払い能力がない場合が挙げられます。通常、企業は取引ごとに支払いを行わず、月末締めなど一括で支払うことになります。しかし、その企業の業績が悪化するなどして、支払い能力が欠如すれば、当然トラブルとなってしまうのです。

また、債務者が故意に支払わないということも起こります。現品のみを受け取り、支払いをまぬかれようとする悪質なものです。その他にも、債権者事態に落ち度があるケースも考えられます。このような債権回収のトラブルはどうすればいいのでしょう。債権回収はスピードが求められます。こうした場合はすぐに弁護士に相談してください。


管理人