弁護士のメリット

債権回収に関するトラブルは、弁護士に依頼するのが賢明な手段と言えますが、では具体的にどのようなメリットがあるのでしょう。まずは、債権回収には精神的に大きな負担がかかってきます。それまでの、取引先との人間関係も壊れてしまうわけですから、強い態度に出られないこともあります。弁護士に依頼することで、こういったストレスや負担が軽減されるのです。

次に、法的な手続きはやはり専門家の手に委ねるのが一番でしょう。どのような手続きや回収手段があるのかは債権者には分かりかねます。法に詳しい弁護士に任せることで、最も効率的な回収が見込めるのです。また、債権回収において、債務者が強気の態度で接してきた場合も、弁護士を立てることで真っ向から交渉できるわけです。回収がもつれた場合、弁護士がいないとそのまま泣き寝入りということにもなりかねません。

そして、弁護士を通すことで最も効果があるのが、本気度です。債務者としては、なるべく支払いを先延ばしにしたいものです。しかし、弁護士が交渉に当たることで債権者の本気度が伝わり、支払いの優先順位を上げることに繋がっていくのです。取引先との交渉は、顔見知りなだけにやりにくいことがあります。そういう意味でも弁護士を間に挟むことで、回収がスムーズかつスピーディに行えるのです。

弁護士による手続き

債権回収でトラブルが発生した場合、弁護士に依頼することで物事がスムーズに進むことになります。弁護士による債権回収の手段としては、弁護士が債務者に取りたての交渉を行うものがあります。弁護士が債権者の代理人となって、債務者に回収を促すものです。相手が弁護士ということで、債務者の対応が変わることがあります。次に、これと同じようなものですが、弁護士の名前で債務者に債務の内容証明を送るケースもあります。この内容証明には、法的処置を講ずるとの一文があるため、効果的な手段となります。

また、債権回収に応じない相手には民事調停の手続きを行うこともあります。これは、企業として行うこともできますが、やはり弁護士に依頼したほうが、相手にかける圧力が違ってきます。その次の段階としては、支払い督促があります。他にも、少額訴訟や通常訴訟、そして強制執行手続きなど法的な督促には様々なものがあり、どれに関しても弁護士の力が必要となってくるのです。

債権回収はなるべく早く解決したいものです。債権者と債務者の二者で交渉すると、長引くことが多くなります。やはり弁護士を通しての債権回収が理想的なのです。支払日に入金が確認できなかった場合は、すぐさま弁護士に連絡するのがいいでしょう。

債権回収のトラブル

社会には、現金での支払い以外に売掛金や、いわゆるツケなどの支払い方法があります。これらは取引当日に支払うものではなく、後日、改めて支払いを行うというものですが、これが様々なトラブルを引き起こす原因ともなるのです。もちろん個人でのお金の貸し借りもこの中に含まれ、貸したものは必ず返してもらわなければいけません。

このような売掛金やツケのことを、法的には債権と呼びます。そしてこの債権回収は、なかなかスムーズにいかないことも多いのです。債権回収のトラブルとして多いものが、債務者、つまり債権を回収する相手に支払い能力がない場合が挙げられます。通常、企業は取引ごとに支払いを行わず、月末締めなど一括で支払うことになります。しかし、その企業の業績が悪化するなどして、支払い能力が欠如すれば、当然トラブルとなってしまうのです。

また、債務者が故意に支払わないということも起こります。現品のみを受け取り、支払いをまぬかれようとする悪質なものです。その他にも、債権者事態に落ち度があるケースも考えられます。このような債権回収のトラブルはどうすればいいのでしょう。債権回収はスピードが求められます。こうした場合はすぐに弁護士に相談してください。

債権回収と弁護士

常日頃から、取引のある得意先も、いつ何が原因で支払いが滞るか分かりません。売掛金やツケなど、現金以外での支払いが多い企業間の取引ですが、この回収ができなくなってしまったらどうでしょう。企業自体の経営が揺らぐ恐れもあります。こうした債権回収のトラブルは、日常的に発生しています。いつどこで、自分の会社がそれに巻き込まれるかも知れないのです。

債権回収のトラブルの原因として多いのが、債務者に支払い能力が無くなった場合です。他にも、悪質なケースとして意図的に支払いをしない取引先も存在します。また、債権者に何らかの不備があり、それが債権回収のトラブルに繋がることもあるのです。こういう場合は、自ら相手と交渉するよりも、弁護士を通じて相手と交渉するほうがより万全な債権回収が見込めるのです。債権は債務者にとって、できれば先延ばししたり、そのまま滞らせてしまいたいものです。しかし、債権者としては経営に支障をきたすものですから、できるだけ早く回収したいのが実情でしょう。その間に弁護士を入れることで、トラブルが長引くのを防ぐことができるのです。

弁護士に依頼することで、精神的な負担が軽減され、法的な手続きも含め専門的な交渉を行えます。弁護士を通さず交渉すると、回収も長引き、本業に手が回らなくなる恐れもあります。また金銭のやり取りということで、できれば相手と顔を合わせたくないものです。そういったことからも弁護士に依頼するのがいいでしょう。このサイトは、債権回収のトラブルと弁護士について説明します。