弁護士による手続き


債権回収でトラブルが発生した場合、弁護士に依頼することで物事がスムーズに進むことになります。弁護士による債権回収の手段としては、弁護士が債務者に取りたての交渉を行うものがあります。弁護士が債権者の代理人となって、債務者に回収を促すものです。相手が弁護士ということで、債務者の対応が変わることがあります。次に、これと同じようなものですが、弁護士の名前で債務者に債務の内容証明を送るケースもあります。この内容証明には、法的処置を講ずるとの一文があるため、効果的な手段となります。

また、債権回収に応じない相手には民事調停の手続きを行うこともあります。これは、企業として行うこともできますが、やはり弁護士に依頼したほうが、相手にかける圧力が違ってきます。その次の段階としては、支払い督促があります。他にも、少額訴訟や通常訴訟、そして強制執行手続きなど法的な督促には様々なものがあり、どれに関しても弁護士の力が必要となってくるのです。

債権回収はなるべく早く解決したいものです。債権者と債務者の二者で交渉すると、長引くことが多くなります。やはり弁護士を通しての債権回収が理想的なのです。支払日に入金が確認できなかった場合は、すぐさま弁護士に連絡するのがいいでしょう。


管理人